--/--/--(--)--:--:--
スポンサーサイト
【カテゴリ:スポンサー広告
コメント数:-】【コメント投稿
トラックバック数:-】【この記事へのトラックバック

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017/02/06(月)20:07:09
軌跡シリーズ第6作目PS3「閃の軌跡1」の全トロフィーを完全制覇です。
写真あり(画像あり)
【カテゴリ:ゲームのコト
コメント数:0】【コメント投稿
トラックバック数:0】【この記事へのトラックバック

軌跡シリーズ第6作目PS3「閃の軌跡1」の全トロフィーを完全制覇です。
軌跡シリーズ6作目PS3「閃の軌跡1」の全トロフィーを完全制覇です。
2013年発売の少し古いゲームですが、軌跡シリーズを第1作目からプレイしてきた身としては楽しめました。
多分これ単体だけをプレイしても全く面白くないと思います。
最初は「何この茶番・・・。部活動とか緊張感無さ過ぎ・・・。しかも、PS3なのに何このPS2レベルの低画質グラフィック・・・。」と思ってしまったものの、最後までプレイしてみるとそういう印象も無くなっていき、楽しめました。
グラフィックに関しては、「低画質グラフィック」というのは事実ですが、これの前に高画質グラフィックのPC版(Steam)「Grand Theft Auto5」を約半年間プレイしていた直後だったので余計にそう感じたのかもしれません。
最初から難易度ナイトメアでプレイし、全トロフィー完全制覇のためにもう一周しました。(一周では全トロフィー完全制覇は不可能なシステムでした。)
ラストの展開には目を疑いました。
マジか・・・と思っていた所への、え?もしかしてひょっとしてこれ■■■■■■ル???、という二段攻撃。
最初、気付かないぐらいでした。
でも、逆に続きが非常に気になったので、演出的には大成功だと思います。
他の方へのネタバレ防止のため詳細には書きませんが・・・。
後、攻略情報をネットで検索する際にはネタバレに要注意です。
面白さが半減してしまいます。
僕はそれで失敗しました。
ただ、ネタバレを回避しつつ攻略情報をネットで検索するというのはなかなか難しいです・・・。
今回は少しネタバレを見てしまった時にこれ以上のネタバレは致命的だと判断して厳重警戒に方針転換したので被害は最小限に抑えられましたが、全トロフィー完全制覇のためには詳細な検索は必須だし・・・、でも三周するのは嫌だし・・・、ジレンマでした。
さてさて、気を取り直して引き続き軌跡シリーズ第7作目PS3「閃の軌跡2」にとりかかるとしますか!
次こそは最初からネタバレ厳重警戒態勢でいこうと思います。
<PS>
上虎ゲーム史2016~2017【2017/02/06(月)時点】


クリア♪
「実績」完全制覇
PC版「英雄伝説 碧の軌跡」
(PSP日本語版ファイルと有志パッチを使用してPC中国語版を日本語化)
クリア♪
「達成度」100%
PC版「Grand Theft Auto Vice City」(日本語版)
クリア♪
オンラインモード
も含めた
全トロフィー(実績)
完全制覇
PC版(Steam)「Grand Theft Auto5」(日本語版)
クリア♪
全トロフィー完全制覇
軌跡シリーズ第6作目PS3「閃の軌跡1」
開始
軌跡シリーズ第7作目PS3「閃の軌跡2」



スポンサーサイト
関連記事

2016/08/15(月)21:17:05
PC版(Steam)「GTA5」の、オンラインモードも含めた全てのトロフィー(実績)を完全制覇♪
写真あり(画像あり)
【カテゴリ:ゲームのコト
コメント数:0】【コメント投稿
トラックバック数:0】【この記事へのトラックバック

PC版(Steam)「GTA5」のトロフィー(実績)ですが、
2016/06/14(火)の記事で、オンラインモード以外のトロフィー(実績)を全て制覇したと報告しましたが、
今回は、オンラインモードも含めた全てのトロフィー(実績)の完全制覇の報告です♪

1番最後に5種類の強盗ミッション関連のトロフィー(実績)に取り掛かったのですが、
①「フリーサ強盗」
②「脱獄大作戦」

をリーダーとしてクリアしたのに、
ゲーム内時間でも実時間でも何日も待ちましたが、次の
③「ヒューメイン研究所襲撃」
開始のレスターからの電話がかかってこないバグ???の被害に。
レスターに電話を掛けた際に出てくるメニューの中の「強盗のリプレイ」のリストにも
「フリーサ強盗」
「脱獄大作戦」

しか無い状態。
思いつく限りの、ありとあらゆる事を試してみましたがダメでした。
困りました。
これでは、強盗ミッションの残り3種類をリーダーとしてプレイできない。
ランク120まで上げたのに、サブキャラでまたランク1からやり直しとか地獄すぎる・・・、と絶望していました。
オンラインモードだとこういう時は厳しいですよね。
オフラインモードに置き換えると、セーブデータは1個だけでしかもオートセーブ状態なので、バグる前のセーブデータの読み直しが不可という事になる。
5種類完了していない時点で「強盗のリプレイ」と「強盗の中止」を触ってしまったのが原因???
5種類完了より先にプラチナメダル25個のトロフィー「黒幕」を獲得するために「フリーサ強盗」をリプレイしまくったので・・・。
これからの方は、5種類完了するまでは「強盗のリプレイ」と「強盗の中止」を絶対に触らない事を強くお勧めします!!

ただ、トロフィー(実績)の説明文をよく読むと、
「科学推進のために」は、
『GTAオンラインで、「ヒューメイン研究所襲撃」と「ドラッグ強奪ビジネス」を強盗リーダー/メンバーとしてクリアする。』
と書いてあって、
「莫大な引き落とし」は、
『GTAオンラインで、「フリーサ強盗」と「パシフィック銀行強盗」を強盗リーダー/メンバーとしてクリアする。』
と書いてある。
なので、他の人が募集をしている強盗ミッションにメンバーとして参加してクリア、でもOKと解釈して、強盗ミッションをリーダーとしてプレイはできないままだけどトロフィー獲得だけなら可能かなと思って、
③「ヒューメイン研究所襲撃」
④「ドラッグ強奪ビジネス」
⑤「パシフィック銀行強盗」

の募集を粘り強く待って、粘り強く何度も参加してとうとうクリアに漕ぎつけました。
死亡しないように付いていっただけですが・・・。
すると、トロフィー(実績)獲得のついでに、レスターに電話を掛けた際に出てくるメニューの中の「強盗のリプレイ」のリストにもこの3個が追加されて、
「フリーサ強盗」
「脱獄大作戦」
「ヒューメイン研究所襲撃」
「ドラッグ強奪ビジネス」
「パシフィック銀行強盗」

となって、全て揃いました。
フィナーレミッションのみ参加の物もありましたが、大丈夫でした。
GTA5(PC Steam版)トロフィー(実績)完全制覇18
予想外でしたが、良かった~。
最初からこの事を知っていればあんなに悩まずに済んだのに・・・。
ランク120まで上げたのに、サブキャラでまたランク1からやり直しという地獄を味わう寸前でした。
大事な事なので、もう1度書きます。
5種類完了していない時点で「強盗のリプレイ」と「強盗の中止」を触ってしまったのが原因???
5種類完了より先にプラチナメダル25個のトロフィー「黒幕」を獲得するために「フリーサ強盗」をリプレイしまくったので・・・。

これからの方は、5種類完了するまでは「強盗のリプレイ」と「強盗の中止」を絶対に触らない事を強くお勧めします!!

プレイ時間は驚異の970時間。
やり尽した~!!
GTA5(PC Steam版)トロフィー(実績)完全制覇17

ランク134。
「飛行」は、避け続けたので上がっていません。
GTA5(PC Steam版)トロフィー(実績)完全制覇19

GTA5(PC Steam版)トロフィー(実績)完全制覇01(縮小後)

GTA5(PC Steam版)トロフィー(実績)完全制覇02(縮小後)

GTA5(PC Steam版)トロフィー(実績)完全制覇03(縮小後)

GTA5(PC Steam版)トロフィー(実績)完全制覇04(縮小後)

GTA5(PC Steam版)トロフィー(実績)完全制覇05(縮小後)

GTA5(PC Steam版)トロフィー(実績)完全制覇06(縮小後)

GTA5(PC Steam版)トロフィー(実績)完全制覇07(縮小後)

GTA5(PC Steam版)トロフィー(実績)完全制覇08(縮小後)

GTA5(PC Steam版)トロフィー(実績)完全制覇09(縮小後)

GTA5(PC Steam版)トロフィー(実績)完全制覇10(縮小後)

GTA5(PC Steam版)トロフィー(実績)完全制覇11(縮小後)

GTA5(PC Steam版)トロフィー(実績)完全制覇12(縮小後)

GTA5(PC Steam版)トロフィー(実績)完全制覇13(縮小後)

GTA5(PC Steam版)トロフィー(実績)完全制覇14(縮小後)

GTA5(PC Steam版)トロフィー(実績)完全制覇15(縮小後)

GTA5(PC Steam版)トロフィー(実績)完全制覇16(縮小後)


<PS>
上虎ゲーム史2016
クリア♪
「実績」コンプ
PC「英雄伝説 碧の軌跡」
(PSP日本語版ファイルと有志パッチを使用してPC中国語版を日本語化)
クリア♪
「達成度」100%
PC「Grand Theft Auto Vice City」(日本語版)
クリア♪
オンラインモード
も含めた
全トロフィー(実績)
完・全・制・覇!!
PC Steam版「Grand Theft Auto5」(日本語版)

関連記事

2016/06/24(金)14:28:06
甲子園に行ってきました♪(2016/06/19(日)阪神VSソフトバンク:負)
【カテゴリ:阪神タイガース♪ and 野球全般
コメント数:0】【コメント投稿
トラックバック数:0】【この記事へのトラックバック

6/19(日)に今年2度目の球場野球生観戦に甲子園(甲子園は今年初)に行ってきました♪(阪神VSソフトバンク)

今回は写真と動画を撮影し忘れてしまったので、この記事では写真と動画のアップする事ができません・・・。残念。

試合の方は・・・
阪神4-8ソフトバンク
で阪神が敗戦。
【NPB公式サイトの試合結果ページ】http://npb.jp/scores/2016/0619/t-h-03/

ソフトバンク強過ぎ・・・。
打撃がそんなに良くないはずの2番バッター(城所)が満塁ホームランってどういう事???(苦笑)
しかも、その2番バッター(城所)が交流戦MVPなんて・・・。
数年はソフトバンクが日本一を続ける気がします。
でも、そんなソフトバンクに対して、前日は負けはしたものの0-1の僅差の投手戦の好ゲーム、前々日はサヨナラ勝利、と良い試合をしたので、阪神も決して弱くは無いと思います!
翌々年辺りの優勝を目指して、若手の育成を頼みます金本監督!!
ガンバレ超変革!!!
関連記事

2016/06/14(火)18:20:09
PC版(Steam)「Grand Theft Auto5」(日本語版)のストーリーモードを「ゲーム達成度」100%でクリア♪
写真あり(画像あり)
【カテゴリ:ゲームのコト
コメント数:0】【コメント投稿
トラックバック数:0】【この記事へのトラックバック

PC版(Steam)「Grand Theft Auto5」(日本語版)のストーリーモードを「ゲーム達成度」100%でクリアです♪
僕は筋ジストロフィーという病気のため手が不自由なので操作が非常に辛かったですが、以下の体制で何とか乗り切りました!!
●左手にHORIコントローラ「セパレートコントローラ」の左半分を持って、Windows用ソフトウェア「JoyToKey」経由でキー出力。
「セパレートコントローラ」
HORIコントローラ「セパレートコントローラ」の左半分にあるボタンの内、僕が左手で押す事が可能なのは「左アナログスティック」・「十字ボタン右」・「十字ボタン下」だけなので、Windows用ソフトウェア「JoyToKey」に複数の設定ファイルを用意して、「十字ボタン右」に「他の設定ファイルに切り替える」を割り当てて複数の設定ファイル間を行き来できるようにして、「左アナログスティック」・「十字ボタン下」に複数の機能を持たせた。
さらに、Windows用ソフトウェア「JoyToKey」のウィンドウをサブモニタに常に表示させておいて、Windows用ソフトウェア「JoyToKey」の現在の状態をゲームプレイ中に把握できるようにした。
●右手にLOGICOOLマウス「G600r」。
g600-gaming-mouse-images.png
LOGICOOLマウス「G600r」にあるたくさんのボタンの内、僕が右手で押す事が可能なのは限られているので、その中の1個に「モードスイッチ」を割り当てて3モード間を行き来できるようにして、僕が右手で押す事が可能なボタンに複数の機能を持たせた。
さらに、Windows用ソフトウェア「Logicoolゲームソフトウェア」のウィンドウを「ボタンをカスタマイズ」画面にしてサブモニタに常に表示させておいて、LOGICOOLマウス「G600r」の現在の状態をゲームプレイ中に把握できるようにした。
PC版(Steam)「Grand Theft Auto5」(日本語版)のストーリーモードを「ゲーム達成度」100%でクリア♪01
PC版(Steam)「Grand Theft Auto5」(日本語版)のストーリーモードを「ゲーム達成度」100%でクリア♪02

しかも、全ミッションでゴールドメダルです!(ストーリーの途中で何度かある、強盗方法の選択肢で選択しなかった側のミッション群以外。)
マイケルの所持金は最大値(2,147,483,647ドル)になりました。(ネットの情報によると、これが最大値らしいです。)
PC版(Steam)「Grand Theft Auto5」(日本語版)のストーリーモードを「ゲーム達成度」100%でクリア♪03
PC版(Steam)「Grand Theft Auto5」(日本語版)のストーリーモードを「ゲーム達成度」100%でクリア♪04
PC版(Steam)「Grand Theft Auto5」(日本語版)のストーリーモードを「ゲーム達成度」100%でクリア♪05
PC版(Steam)「Grand Theft Auto5」(日本語版)のストーリーモードを「ゲーム達成度」100%でクリア♪06
PC版(Steam)「Grand Theft Auto5」(日本語版)のストーリーモードを「ゲーム達成度」100%でクリア♪07
PC版(Steam)「Grand Theft Auto5」(日本語版)のストーリーモードを「ゲーム達成度」100%でクリア♪08
PC版(Steam)「Grand Theft Auto5」(日本語版)のストーリーモードを「ゲーム達成度」100%でクリア♪09
PC版(Steam)「Grand Theft Auto5」(日本語版)のストーリーモードを「ゲーム達成度」100%でクリア♪10
PC版(Steam)「Grand Theft Auto5」(日本語版)のストーリーモードを「ゲーム達成度」100%でクリア♪11
PC版(Steam)「Grand Theft Auto5」(日本語版)のストーリーモードを「ゲーム達成度」100%でクリア♪12

フランクリンとトレバーの所持金も、最大値(2,147,483,647ドル)ではないですが、それに近くなりました。
PC版(Steam)「Grand Theft Auto5」(日本語版)のストーリーモードを「ゲーム達成度」100%でクリア♪13
PC版(Steam)「Grand Theft Auto5」(日本語版)のストーリーモードを「ゲーム達成度」100%でクリア♪14

Steam実績もオンラインモードでしか獲得できない物以外は全て獲得しました。
PC版(Steam)「Grand Theft Auto5」(日本語版)のストーリーモードを「ゲーム達成度」100%でクリア♪15

PC版(Steam)「Grand Theft Auto5」(日本語版)のストーリーモードを「ゲーム達成度」100%でクリア♪16

PC版(Steam)「Grand Theft Auto5」(日本語版)のストーリーモードを「ゲーム達成度」100%でクリア♪17

PC版(Steam)「Grand Theft Auto5」(日本語版)のストーリーモードを「ゲーム達成度」100%でクリア♪18

PC版(Steam)「Grand Theft Auto5」(日本語版)のストーリーモードを「ゲーム達成度」100%でクリア♪19

PC版(Steam)「Grand Theft Auto5」(日本語版)のストーリーモードを「ゲーム達成度」100%でクリア♪20

ただ、プレイ時間が信じられない数字(685時間)に・・・。(汗)
PC版(Steam)「Grand Theft Auto5」(日本語版)のストーリーモードを「ゲーム達成度」100%でクリア♪21

Steam実績のオンラインモードでしか獲得でない物が空欄になっているのが気になります・・・。
挑戦してみようかな・・・。
PC版(Steam)「Grand Theft Auto5」(日本語版)のストーリーモードを「ゲーム達成度」100%でクリア♪22

PC版(Steam)「Grand Theft Auto5」(日本語版)のストーリーモードを「ゲーム達成度」100%でクリア♪23

PC版(Steam)「Grand Theft Auto5」(日本語版)のストーリーモードを「ゲーム達成度」100%でクリア♪24
関連記事

2016/05/21(土)16:25:57
「CronusMAX PLUS」を使用して「PS3」と「PS Vita TV」と「PS4」をWindowsPCから操作する方法
写真あり(画像あり)
【カテゴリ:ゲームのコト
コメント数:0】【コメント投稿
トラックバック数:0】【この記事へのトラックバック

CronusMAX PLUS」という製品を購入しました。
【メーカーサイト】http://cronusmax.com/cronusmax-plus/


メーカーサイトにある図。
「CronusMAX PLUS」メーカーサイトにある図

実際の画像。
v3のようです。
「CronusMAX PLUS」表面
「CronusMAX PLUS」側面
「CronusMAX PLUS」背面

この製品を使用すると、「GIMX」クライアントソフトウェア経由、または、メーカーサイト内ダウンロードページからダウンロードできる管理ソフト「Cronus Pro」内のプラグイン「X-AIM」経由で、WindowPCから「PS3」と「PS Vita TV」と「PS4」を操作できるようになります。

この製品は本来はWindowPC無関係のゲーム機コントローラ変換機なのですが、ゲーム機をWindowPCからも操作できる機能もあります。
WindowPC無関係のゲーム機コントローラ変換機としての機能は他サイト様にも解説がありますので、この記事ではゲーム機をWindowPCからも操作できる機能に絞って解説していきます。

次に、初期設定。

CronusMAX PLUS」側面「PCPROG」USBミニポートとWindowsPCのUSB AポートをUSB A-ミニケーブルで接続。(USB A-ミニケーブルは別途、購入しなくても「CronusMAX PLUS」に付属。)
他には何も接続しなくてOK。

メーカーサイト内ダウンロードページから管理ソフト「Cronus Pro」をダウンロード。
管理ソフト「Cronus Pro」を起動。

Cronus Pro」メニュー→「Tools」→「Firmware Update」「CronusMAX PLUS」のファームウェアのバージョンが最新の物かどうかを確認。
2016/05/20時点での最新バージョンは「1.20」。
管理ソフト「Cronus Pro」を使用して「CronusMAX PLUS」を初期設定1

Cronus Pro」メニュー→「Tools」→「Cronus Update」で管理ソフト「Cronus Pro」のバージョンが最新の物かどうかを確認。
2016/05/20時点での最新バージョンは「1.00」。
管理ソフト「Cronus Pro」を使用して「CronusMAX PLUS」を初期設定2

【「PS3」と「PS Vita TV」の場合】
Cronus Pro」メニュー→「Tools」→「Options...」→「Device」→「Output Protocol」
「AUTOMATIC」である事を確認。
うまく動作しない時は「PS3」に変更。
管理ソフト「Cronus Pro」を使用して「CronusMAX PLUS」を初期設定3
管理ソフト「Cronus Pro」を使用して「CronusMAX PLUS」を初期設定4
【「PS4」の場合】
Cronus Pro」メニュー→「Tools」→「Options...」→「Device」→「Output Protocol」
「AUTOMATIC」である事を確認。
うまく動作しない時は「PS4」に変更。
管理ソフト「Cronus Pro」を使用して「CronusMAX PLUS」を初期設定3
管理ソフト「Cronus Pro」を使用して「CronusMAX PLUS」を初期設定5
さらに
【「PS4」の場合のみ】
Cronus Pro」メニュー→「Tools」→「Options...」→「CMax Plus」→「CMax Plus Configurations」→「Enable PS4 partial crossover support (auto reconnect every 10 min)」
にチェックを入れる。
管理ソフト「Cronus Pro」を使用して「CronusMAX PLUS」を初期設定6
文字にマウスカーソルを合わせると
「Enablling this option will force CMax Plus to auto-reconnect on PS4 every 10 minites, resetting the PS4 authentication timeout. The reconnection produce takes less than one second.」
の文字の表示。(クリックで拡大。)
「自動再接続の際には1秒未満のフリーズが発生」、という意味???

管理ソフト「Cronus Pro」を使用して「CronusMAX PLUS」を初期設定7(縮小後)

ここのチェックを入れておかないと、数分後に接続が切断されます。(切断されてからチェックを入れても遅くは無い。チェックを入れて「Close」ボタンか「×」ボタンをクリックして「Options」ウィンドウを閉じた瞬間に接続が回復。)
どうやら「PS4」は、接続されたコントローラが公式な物なのかどうかの認証を、1回目は接続数分後に、2回目以降は数分おきに、行うようで(言い換えると、接続時には行われない。欠陥???)、「CronusMAX PLUS」はおそらく非公式な物なので、1回目の認証が接続時ではなく接続数分後だという事を利用して、1回目の認証が行われる前に自分から切断して直後に再び接続、そしてまた1回目の認証が行われる前に自分から切断して直後に再び接続、という流れを自動的に繰り返して認証を回避し続ける機能を用意しているのではないか、と思います。
ちなみに、「CronusMAX PLUS」の物理的な抜き差しでも接続は回復しますが、これは単に1回目の認証が行われる前の状態に戻っただけだと思うので、数分後には再び接続が切断されます。
物理的な抜き差しを数分おきに繰り返すのは、面倒過ぎますし、「PS4」と「CronusMAX PLUS」のUSB部分が消耗で故障するかもしれません
「Close」ボタンか「×」ボタンをクリックして「Options」ウィンドウを閉じる。
「×」ボタンかCronus Pro」メニュー→「File」→「Exit」をクリックして管理ソフト「Cronus Pro」を終了。
CronusMAX PLUS」側面「PCPROG」USBミニポートとWindowsPCのUSB Aポートを接続しているUSB A-ミニケーブルは接続したままでOK。(USB A-ミニケーブルは別途、購入しなくても「CronusMAX PLUS」に付属。)
これで初期設定は完了。

次に、動作確認。
初期設定の時に接続した「CronusMAX PLUS」側面「PCPROG」USBミニポートとWindowsPCのUSB Aポートを接続しているUSB A-ミニケーブルは接続したまま(USB A-ミニケーブルは別途、購入しなくても「CronusMAX PLUS」に付属。)、「CronusMAX PLUS」のUSB Aオスコネクタをゲーム機に接続。
CronusMAX PLUS」背面「INPUT」USB Aポートには何も接続しなくてOK。

「Cronus Pro」を起動して「Plugins」→「Plugin Manager」と進んで
「Cronus Pro」プラグイン「X-AIM」01

「X-AIM」を選択した状態で「Install」ボタンをクリック。
「Cronus Pro」プラグイン「X-AIM」02

数秒待つとインストール完了。
「Cronus Pro」プラグイン「X-AIM」03

再度「Plugins」をクリックすると「X-AIM」が自動的に追加されているのでそれをクリック。
「Cronus Pro」プラグイン「X-AIM」04
「Cronus Pro」プラグイン「X-AIM」05

例えば「File」→「New FPS Layout」と進んで「OK」ボタンをクリック。
「Cronus Pro」プラグイン「X-AIM」06
「Cronus Pro」プラグイン「X-AIM」07
「Cronus Pro」プラグイン「X-AIM」08

入力の様子を観察するために「Device Monitor」→「Open」と進んで「Device Monitor」を開いておく。
「Cronus Pro」プラグイン「X-AIM」09
「Cronus Pro」プラグイン「X-AIM」10

「X-AIM Plugin v1.00」ウィンドウにフォーカスを戻す。
「Cronus Pro」プラグイン「X-AIM」11

動作確認はボタンを左クリックで可。(画像では 「X-AIM Plugin v1.00」ウィンドウの十字ボタン右(D-Pad Right)を左クリックすると「Device Monitor」ウィンドウの文字「PS4_RIGHT」の背景色が緑色に変化。)
この時、ゲーム機に十字ボタン右が入力されている事を確認。
「Cronus Pro」プラグイン「X-AIM」12

これで動作確認は終了。

次に、ゲーム機の本格的な操作。

接続構成は動作確認の時と同じで、「CronusMAX PLUS」側面「PCPROG」USBミニポートとWindowsPCのUSB AポートをUSB A-ミニケーブルで接続(USB A-ミニケーブルは別途、購入しなくても「CronusMAX PLUS」に付属。)、「CronusMAX PLUS」のUSB Aオスコネクタをゲーム機に接続。
CronusMAX PLUS」背面「INPUT」USB Aポートには何も接続しなくてOK。

筋ジスによる手の障害のため、マウスカーソルを移動させてマウスを左クリックする事によってソフトウェアキーボードのボタンを押下してWindowsPCを操作している僕には、管理ソフト「Cronus Pro」内プラグイン「X-AIM」経由では無理で、「GIMX」クライアントソフトウェア経由(「Window events」)だとOKなので(理由は後述。)、まずそちらから解説していきます。


http://forum.gimx.fr/viewforum.php?f=2&sid=9b1ad6b703701c70fff0af0715e62629」→「GIMX ■.■」→「Software download.」からダウンロードできるファイルを使用して「GIMX」クライアントソフトウェアをインストール。
2016/05/20時点での最新バージョンは「5.8」。
gimx-5.8-i386.exe」が32ビット版WindowsPC用、「gimx-5.8-x86_64.exe」が64ビット版WindowsPC用。
インストールウィザードの最後の画面に出てくる「Install USBDK (required for most gaming consoles)」のチェックは必ず外した状態で、「Finish」ボタンをクリック。
チェックを入れた状態で「Finish」ボタンをクリックすると、「UsbDk」(「UsbDk Runtime Libraries」)がインストールされて、USB接続マウス・キーボードが反応しなくなる、Windowsが起動しなくなる、等のトラブルの元。(特にWindows7 64ビット版。Windows7 32ビット版やWindows8以上は大丈夫???)
「gimx-5.8-x86_64.exe」のインストールウィザードの最後の画面

「GIMX」クライアントソフトウェアを起動。
「Output」を「GPP/Croonus/Titan」に変更、「Device」を「CronusMAX PLUS (v3) (0)」に変更。
「CronusMAX PLUS」を使用して「GIMX」クライアントソフトウェア経由でゲーム機を操作01
「CronusMAX PLUS」を使用して「GIMX」クライアントソフトウェア経由でゲーム機を操作02

「Start」ボタンをクリックするとゲーム機への接続開始ですが、「Input」を「Window events」にするか「Physical devices」にするか、「Grab mouse」のチェックを入れるか入れないか、で動作内容が違ってきます。
「Grab mouse」は、マウスカーソルを消す事によってゲーム機の操作中のWindowsPC側の意図しない操作を防ぐ機能です。
「CronusMAX PLUS」を使用して「GIMX」クライアントソフトウェア経由でゲーム機を操作03
「CronusMAX PLUS」を使用して「GIMX」クライアントソフトウェア経由でゲーム機を操作04
「CronusMAX PLUS」を使用して「GIMX」クライアントソフトウェア経由でゲーム機を操作05
「CronusMAX PLUS」を使用して「GIMX」クライアントソフトウェア経由でゲーム機を操作06
「CronusMAX PLUS」を使用して「GIMX」クライアントソフトウェア経由でゲーム機を操作07

【「PS3」と「PS Vita TV」の場合】
「CronusMAX PLUS」を使用して「GIMX」クライアントソフトウェア経由でゲーム機を操作08(縮小後)

【「PS4」の場合】
「CronusMAX PLUS」を使用して「GIMX」クライアントソフトウェア経由でゲーム機を操作09(縮小後)
入力内容をリアルタイムで観察したい場合は「Messages」も「curses」に変更。
「CronusMAX PLUS」を使用して「GIMX」クライアントソフトウェア経由でゲーム機を操作10
「CronusMAX PLUS」を使用して「GIMX」クライアントソフトウェア経由でゲーム機を操作11(縮小後)
「オペレートナビ」場合はうまく表示されないようです。


「Grab mouse」

チェックを
外す
「Grab mouse」

チェックを
入れる
「Input」

「Window events」

設定
モード①
●ソフトウェアキーボードや「オペレートナビ」や「JoyToKey」やAutoHotKeyスクリプト等のソフトウェア的入力を使用する場合。物理デバイス入力も使用可。ソフトウェア的入力・物理デバイス入力両方が使用可な分モード③より便利ですが、モード③と比較すると遅延があるかもしれません。

●マウスカーソルは消えず、マウスカーソル移動も可。

●ゲーム操作にマウス移動とマウス左右クリックを使用しない場合。(マウス移動とマウス左右クリックにボタンを設定していても、ゲーム機には入力されず、普通にWindowsPC側のマウスカーソル移動とマウスカーソル左右クリックになる。この事により、すぐにタスクバー内項目「gimx」(ウィンドウ無)が非アクティブになってしまって意味が無いので、マウスカーソル移動とマウスカーソル左右クリックを一切行わないか、素直にモード②を使用した方が良い。マウスカーソル移動とマウスカーソル左クリックでソフトウェアキーボードのボタンを押下してゲーム機を操作する場合は、マウスカーソルが消えずマウスカーソル移動が可能な事が逆に都合が良い。)

●タスクバー内項目「gimx」(ウィンドウ無)がアクティブになっている時のみ、ゲーム機に入力される。言い換えると、、「GIMX」操作を中断して他の作業を行いたい場合は接続をいちいち接続終了(「Shift」+「Esc」)しなくてもタスクバーに出現するウィンドウ無の項目「gimx」の選択を外しておけばOK。(非アクティブ化)(「Start」ボタンのクリック直後は、タスクバー内項目「gimx」(ウィンドウ無)が自動的にアクティブになる。)

●接続終了は、「gimx.exe」コマンドプロンプトウィンドウの「×」ボタンをクリック、または、「Shift」+「Esc」。接続終了すると、「gimx.exe」コマンドプロンプトウィンドウとタスクバー内項目「gimx」(ウィンドウ無)が消える。
マウスカーソル移動とマウスカーソル左クリックでソフトウェアキーボードのボタンを押下してゲーム機を操作する場合は、「ソフトウェア的入力が可能な事」と「マウスカーソル移動が可能な事」が必要なので、必然的にこのモードになる。
管理ソフト「Cronus Pro」内のプラグイン「X-AIM」経由だと、マウスカーソルが消えるので、この方法は不可。
「オペレートナビ」の場合は「↑」・「↓」・「←」・「→」・「Home」・「End」・「Insert」・「Delete」・「PageUp」・「PageDown」・「/」・「-」・「+」・「Numpad5」・「NumpadEnter」といったテンキー上に存在する一部のキー以外は反応が悪い場合や反応が無い場合があるようですが(「Numpad0~4・6~9」は「↑」・「↓」・「←」・「→」・「Home」・「End」・「Insert」・「Delete」・「PageUp」・「PageDown」として認識される、「*」は無反応。)、解決法があります。
詳細は、「2013/05/15(水)の記事」(http://uetora.blog112.fc2.com/blog-entry-411.html)参照。
モード②
●ソフトウェアキーボードや「オペレートナビ」や「JoyToKey」やAutoHotKeyスクリプト等のソフトウェア的入力を使用する場合。物理デバイス入力も使用可。ソフトウェア的入力・物理デバイス入力両方が使用可な分モード④より便利ですが、モード④と比較すると遅延があるかもしれません。

マウスカーソルが消える。消えるので、マウスカーソル移動も不可になってWindowsPCのマウス操作ができなくなるので注意。解除は「Shift」+「Esc」(接続終了)。こうする事によってゲーム機の操作中のWindowsPCの意図しない操作を防げる。接続終了すると、「gimx.exe」コマンドプロンプトウィンドウとタスクバー内項目「gimx」(ウィンドウ無)が消える。
●何かの拍子でマウスカーソルが出現してしまった場合は、一旦「Shift」+「Esc」や「gimx.exe」コマンドプロンプトウィンドウ「×」ボタンクリックで接続終了してから「Start」ボタンクリックで再度接続した方が良い。
「Shift」+「Esc」はタスクバー内項目「gimx」(ウィンドウ無)がアクティブになっていないと反映されない。

●何かの拍子でマウスカーソルが消えた状態でタスクバー内項目「gimx」(ウィンドウ無)が非アクティブになってしまった場合も、一旦「gimx.exe」コマンドプロンプトウィンドウ「×」ボタンクリックで接続終了してから「Start」ボタンクリックで再度接続した方が良い。
タスクバー内項目「gimx」(ウィンドウ無)が非アクティブなので、「Shift」+「Esc」は反映されない。


●ゲーム操作にマウス移動とマウス左右クリックを使用する場合。(マウス移動とマウス左右クリックにボタンを設定していると、ゲーム機に入力される。)
「JoyToKey」の場合、マウスカーソル移動はゲーム機に入力されない。マウスカーソル左右クリックや通常のキー出力は入力される。
なので、マウスカーソル左右クリックや通常のキー出力を使用すれば良い。
それか、普段ジョイスティックを使用して「JoyToKey」を介してマウスカーソル移動をしてWindowsを操作している方は、ジョイスティック入力を直接「GIMX」に設定して「JoyToKey」を介さないようにするか。
「GIMX-launcher」メニュー内「File」

「Edit config」

「Axis」タブ

「Event」欄で「axis」を選択

「Auto detect」ボタン押下

使用したいジョイスティックを横方向か縦方向に倒す(横方向と縦方向は別設定)

「Device」欄にジョイスティックの名前、「Event」欄内右側に横方向なら「0」縦方向なら「1」と表示される(横方向と縦方向は別設定)

「Axis」欄で「lstick x」や「lstick y」や「rstick x」や「rstick y」等を選択(横方向と縦方向は別設定)

「Add」ボタン押下

「Gimx-config」メニュー内「File」

「Save」

「オペレートナビ」の場合、マウスカーソル移動とマウスカーソル左右クリックはゲーム機に入力されない。通常のキー出力は入力される。
なので、通常のキー出力を使用すれば良い。
「オペレートナビ」の場合は「↑」・「↓」・「←」・「→」・「Home」・「End」・「Insert」・「Delete」・「PageUp」・「PageDown」・「/」・「-」・「+」・「Numpad5」・「NumpadEnter」といったテンキー上に存在する一部のキー以外は反応が悪い場合や反応が無い場合があるようですが(「Numpad0~4・6~9」は「↑」・「↓」・「←」・「→」・「Home」・「End」・「Insert」・「Delete」・「PageUp」・「PageDown」として認識される、「*」は無反応。)、解決法があります。
詳細は、「2013/05/15(水)の記事」(http://uetora.blog112.fc2.com/blog-entry-411.html)参照。
「Input」

「Physical devices」

設定
モード③
●物理デバイス入力しか使用しない場合。言い換えると、ソフトウェアキーボードや「オペレートナビ」や「JoyToKey」やAutoHotKeyスクリプト等のソフトウェア的入力を使用しない場合。使用しても、ゲーム機に入力されない。ソフトウェア的入力が使用できない分モード①より不便ですが、遅延は減るかもしれません。

●マウスカーソルは消えず、マウスカーソル移動も可。

●ゲーム操作にマウス移動とマウス左右クリックを使用しない場合。(マウス左右クリックの方は、ボタンを設定していても、ゲーム機には入力されず、普通にWindowsPC側のマウスカーソル左右クリックになる。マウス移動の方は、モード①と違って、ボタンを設定していると、ゲーム機に入力されますが、WindowsPC側のマウスカーソル移動も同時に行われてしまうため、マウス左右クリックが普通にWindowsPC側のマウスカーソル左右クリックになる事と合わさって、すぐにタスクバー内項目「ManyMouseRawInputMsgWindow」(ウィンドウ無)が非アクティブになってしまって意味が無いので、マウスカーソル移動とマウスカーソル左右クリックを一切行わないか、素直にモード④を使用した方が良い。)

●タスクバー内項目「ManyMouseRawInputMsgWindow」(ウィンドウ無)がアクティブになっている時のみ、ゲーム機に入力される。言い換えると、、「GIMX」操作を中断して他の作業を行いたい場合は接続をいちいち接続終了(「Shift」+「Esc」)しなくてもタスクバーに出現するウィンドウ無の項目「ManyMouseRawInputMsgWindow」の選択を外しておけばOK。(非アクティブ化)(「Start」ボタンのクリック直後は、タスクバー内項目「ManyMouseRawInputMsgWindow」(ウィンドウ無)が自動的にアクティブになる。)
1度非アクティブにした後に再度アクティブにすると、ゲーム機への入力が再開されなかったり(特にマウス移動)、「gimx.exe」がフリーズしたりする事も多くて意味が無いので、しない方が良い。


●接続終了は、「gimx.exe」コマンドプロンプトウィンドウの「×」ボタンをクリック、または、「Shift」+「Esc」。接続終了すると、「gimx.exe」コマンドプロンプトウィンドウとタスクバー内項目「ManyMouseRawInputMsgWindow」(ウィンドウ無)が消える。

モード④
●物理デバイス入力しか使用しない場合。言い換えると、ソフトウェアキーボードや「オペレートナビ」や「JoyToKey」やAutoHotKeyスクリプト等のソフトウェア的入力をを使用しない場合。使用しても、ゲーム機に入力されない。ソフトウェア的入力が使用できない分モード②より不便ですが、遅延は減るかもしれません。

マウスカーソルが消える。消えるので、マウスカーソル移動も不可になってWindowsPCのマウス操作ができなくなるので注意。解除は「Shift」+「Esc」(接続終了)。こうする事によってゲーム機の操作中のWindowsPCの意図しない操作を防げる。接続終了すると、「gimx.exe」コマンドプロンプトウィンドウとタスクバー内項目「ManyMouseRawInputMsgWindow」(ウィンドウ無)が消える。
●何かの拍子でマウスカーソルが出現してしまった場合は、一旦「Shift」+「Esc」や「gimx.exe」コマンドプロンプトウィンドウ「×」ボタンクリックで接続終了してから「Start」ボタンクリックで再度接続した方が良い。
「Shift」+「Esc」はタスクバー内項目「ManyMouseRawInputMsgWindow」(ウィンドウ無)がアクティブになっていないと反映されない。

●何かの拍子でマウスカーソルが消えた状態でタスクバー内項目「ManyMouseRawInputMsgWindow」(ウィンドウ無)が非アクティブになってしまった場合も、一旦「gimx.exe」コマンドプロンプトウィンドウ「×」ボタンクリックで接続終了してから「Start」ボタンクリックで再度接続した方が良い。
タスクバー内項目「ManyMouseRawInputMsgWindow」(ウィンドウ無)が非アクティブなので、「Shift」+「Esc」は反映されない。


●ゲーム操作にマウス移動とマウス左右クリックを使用する場合。(マウス左右クリックにボタンを設定していると、ゲーム機に入力される。)


設定ファイルは「C:\Users\【ユーザ名】\AppData\Roaming\gimx\config」に配置される。
編集は
『「gimx-launcher」ショートカット→「File」→「Ediit fps Config」』
または
『「gimx-launcher」ショートカット→「File」→「Ediit Config」』
または
『「gimx-launcher」ショートカット』
または
『「gimx-fpsconfig」ショートカット』
から。
設定方法は「gimx config」等で検索すれば出てくるので割愛します。
【設定ファイル例(右クリックメニューからダウンロード)】Example.xml

次に、「CronusMAX PLUS」を接続している時の、各ゲーム機のスタンバイモードの状況。
手動で
スタンバイモード
へ移行
自動で
スタンバイモード
へ移行
(省電力設定)
遠隔操作で
スタンバイモード
から復帰
「PS3」スタンバイモードがそもそも無い。「PS3」の場合はスタンバイモードが無いので代わりに電源オフ。
そして、「CronusMAX PLUS」を接続していても(「Start」ボタンを押していない状態)この機能は正常に働く。
スタンバイモードが無い「PS3」ですが、「PS3」メニュー→「設定」→「リモートプレイ設定」→「リモート起動」を「入」にしておくと、リモートプレイを使用してLAN経由で赤ランプ状態から起動させる事が可能。
PS3リモートプレイWindows用ソフトウェアを使用。
SONY製PC「VAIO」でしか使用できないという理不尽な制限をかけられていますが、ごにょごにょすれば大丈夫。
詳細は「PS3 リモートプレイ patch」「ps3 リモートプレイ vrppatch」で検索。
「PS Vita」メニューにある「PS3リモートプレイ」を使用。
「PS Vita TV」にはこの機能は無い。
事前に少々設定が必要。
詳細は
を参照。
「PS Vita TV」CronusMAX PLUS」を接続していると、「PS Vita TV」メニュー→「電源」→「スタンバイ」を選択しても勝手にすぐ復帰する。
「GIMX DIY USB adapter」ならば普通に可。
「GIMX DIY USB adapter」の詳細は、「2016/04/09(土)の記事」を参照。
CronusMAX PLUS」を接続していると(「Start」ボタンを押していなくても)、この機能は働かない。
「GIMX DIY USB adapter」ならばこの機能は正常に働く。
「GIMX DIY USB adapter」の詳細は、「2016/04/09(土)の記事」を参照。

スタンバイモード中は「CronusMAX PLUS」では、「Start」ボタンをクリックしても接続に失敗するので、「CronusMAX PLUS」からは復帰させられない。
「GIMX DIY USB adapter」ならばスタンバイモード中でも「Start」ボタンをクリックして接続できるので、「PSボタン」に設定したPC側キーで復帰させられる。
「GIMX DIY USB adapter」の詳細は、「2016/04/09(土)の記事」を参照。
「PS4」CronusMAX PLUS」を接続していても、「PS4」メニュー→「電源」→「スタンバイモードにする」を選択して普通に可。CronusMAX PLUS」を接続して(「Start」ボタンを押していない状態)、Cronus Pro」メニュー→「Tools」→「Options...」→「CMax Plus」→「CMax Plus Configurations」→「Enable PS4 partial crossover support (auto reconnect every 10 min)」」にチェックを入れていると、その機能が働かない。
チェックを入れていないとこの機能は正常に働くが、代わりにコントローラ接続が数分で消える。

「GIMX DIY USB adapter」ならばこの機能は正常に働く。
「GIMX DIY USB adapter」の詳細は、「2016/04/09(土)の記事」を参照。
スタンバイモード中は「CronusMAX PLUS」では、「Start」ボタンをクリックしても接続に失敗するので、「CronusMAX PLUS」からは復帰させられない。
「GIMX DIY USB adapter」でも同様。
リモートプレイを活用。
「PS4」メニュー→「設定」→「省電力設定」→「スタンバイモード中の機能を設定する」→「インターネットに接続したままにする」→「ネットワーク経由でPS4の電源を入れられる」にチェックを入れておくと、リモートプレイを使用してLAN経由でPS4をスタンバイモードから復帰させられる。
PS4リモートプレイWindowsPC用ソフトウェアを使用。(Mac版もある。)
このソフトウェアにはWindows8.1かWindows10でないとダメという理不尽な制限が付けられていますが、Windows8.1かWindows10にインストールしたファイルをWindows7にコピーして使用すると、リモートプレイは開始されないですがスタンバイモードからの復帰だけならばWindows7でも可能。
Windows7だとインストールさえできない。
Windows8.1かWindows10のWindowsPCが無いよーという方は、「VirtualBox」でWindows8.1かWindows10の仮想WindowsPCの作成を。
「PS Vita TV」か「PS Vita」メニューにある「PS4リンク」を使用。
事前に少々設定がが必要。
詳細は
【PCの場合(WindowsまたはMac)】
●【Windows・Mac用ソフトウェアダウンロード】「https://remoteplay.dl.playstation.net/remoteplay/lang/jp/
●【Windows】「http://enjoypclife.net/2016/04/06/ps4-remote-play-app-windows-8-10-mac-download/
●【Mac】「http://soramitama.com/archives/2797
本格的な操作をするにはPS4コントローラ(DIALSHOCK4)をPCに接続する必要がありますが、接続しなくても
●「Enter」キー:○ボタン
●「Escape」キー:×ボタン
●「↑」・「↓」・「←」・「→」キー:十字ボタン
程度の操作はPCキーボードからでも可能。
スタンバイモードからの復帰はPS4コントローラ(DIALSHOCK4)をPCに接続しなくても可。
【「PS Vita TV」か「PS Vita」の場合】
http://manuals.playstation.net/document/jp/psvita/ps4link/
を参照。

「Cronus Pro」プラグイン「X-AIM」経由の場合】
「GIMX」クライアントソフトウェアで事足りると思いますが、一応。

接続構成は動作確認の時と同じで、「CronusMAX PLUS」側面「PCPROG」USBミニポートとWindowsPCのUSB AポートをUSB A-ミニケーブルで接続(USB A-ミニケーブルは別途、購入しなくても「CronusMAX PLUS」に付属。)、「CronusMAX PLUS」のUSB Aオスコネクタをゲーム機に接続。
CronusMAX PLUS」背面「INPUT」USB Aポートには何も接続しなくてOK。

動作確認の内容と途中まで同じですが、もう1度最初から書きます。

「Cronus Pro」を起動して「Plugins」→「Plugin Manager」と進んで
「Cronus Pro」プラグイン「X-AIM」01

「X-AIM」を選択した状態で「Install」ボタンをクリック。
「Cronus Pro」プラグイン「X-AIM」02

数秒待つとインストール完了。
「Cronus Pro」プラグイン「X-AIM」03

再度「Plugins」をクリックすると「X-AIM」が自動的に追加されているのでそれをクリック。
「Cronus Pro」プラグイン「X-AIM」04
「Cronus Pro」プラグイン「X-AIM」05

例えば「File」→「New FPS Layout」と進んで「OK」ボタンをクリック。
「Cronus Pro」プラグイン「X-AIM」06
「Cronus Pro」プラグイン「X-AIM」07
「Cronus Pro」プラグイン「X-AIM」08

入力の様子を観察するために「Device Monitor」→「Open」と進んで「Device Monitor」を開いておく。
「Cronus Pro」プラグイン「X-AIM」09
「Cronus Pro」プラグイン「X-AIM」10

「X-AIM Plugin v1.00」ウィンドウにフォーカスを戻す。
「Cronus Pro」プラグイン「X-AIM」11

動作確認はボタンを左クリックで可。(画像では 「X-AIM Plugin v1.00」ウィンドウの十字ボタン右(D-Pad Right)を左クリックすると「Device Monitor」ウィンドウの文字「PS4_RIGHT」の背景色が緑色に変化。)
この時、ゲーム機に十字ボタン右が入力されている事を確認。
「Cronus Pro」プラグイン「X-AIM」12

「Enter Capture Mode」ボタンをクリック。
※マウスカーソルが消えるため、マウスカーソルを使ったWindowsの操作ができなくなるので注意。Windowsに戻るには「Ctrl」+「Esc」。
「Cronus Pro」プラグイン「X-AIM」13

例えばキーボードの「↑」を押してみると「Device Monitor」ウィンドウの文字「PS4_UPの背景色が緑色に変化。
「Cronus Pro」プラグイン「X-AIM」14(縮小後)
「オペレートナビ」の場合は「↑」・「↓」・「←」・「→」・「Home」・「End」・「Insert」・「Delete」・「PageUp」・「PageDown」・「/」・「NumpadEnter」といったテンキー上に存在する一部のキー以外は反応が無いようですが(「Numpad0~4、6~9」は「↑」・「↓」・「←」・「→」・「Home」・「End」・「Insert」・「Delete」・「PageUp」・「PageDown」として認識される、「Numpad5」・「*」・「-」・「+」は無反応。)、解決法があります。
詳は、「2013/05/15(水)の記事」(http://uetora.blog112.fc2.com/blog-entry-411.html)参照。
「JoyToKey」の場合、マウスカーソル移動はゲーム機への入力が鈍い。マウス左右クリックや通常のキー出力は普通に入力される。
なので、マウス左右クリックや通常のキー出力を使用すれば良い。
それか、普段ジョイスティックを使用して「JoyToKey」を介してマウスカーソル移動をしてWindowsを操作している方は、「JoyToKey」を介さずジョイスティック入力を直接【「Cronus Pro」プラグイン「X-AIM」経由に設定して「JoyToKey」を介さないようにするか。
「X-AIM Plugin v1.00」メニュー→「Direct Input」→「DI Settings...」→「Game Controller:」で使用したいコントローラを選択。
「X-AIM Plugin v1.00」メニュー→「Direct Input」→「Enable」にチェックを入れる。
すると、選択したジョイスティックが有効になる。
複数ジョイスティックの同時使用はできない???
ボタン右クリック→「Direct Input List」か「Direct Input Catch」から設定。


【便利ツール】
●HDMIビデオキャプチャ機器①:SKNET「MONSTER X3.0R」(「SK-MVXU3R」)
(「http://www.sknet-web.co.jp/product/mvxu3r/」)

遅延の少ないソフトウェアエンコード。
これのHDMI入力ポートにゲーム機をHDMI接続した上でWindowsPCにUSB3.0接続すると、WindowsPC上で付属ソフトウェアを起動すれば付属ソフトウェアのウィンドウ内にゲーム機映像を表示させる事ができる。
超便利。

【長所】
●「HDCP」による暗号化が使用されている「PS3」・「PS Vita TV」のようなゲーム機の場合でも(「PS4」は設定で「HDCP」を無効にできる。)、付属ソフトウェアの録画ボタンをクリックしてもエラーメッセージが出て録画はできませんがゲーム機映像の表示だけならできる。(これができたら別のデスクトップキャプチャソフトを使用すれば録画できる)
●HDCPによる暗号化が使用されている「PS3」や「PS Vita TV」のようなゲーム機では普通の方法では「アマレコTV」が使用できないが(「PS4」は設定で「HDCP」を無効にできる。)、抜け道がある。詳細は後述。アマレコTVはで遅延の少ないキャプチャ機器用キャプチャソフト。
●遅延対策のためのパススルー出力機能もあって、WindowsPCのウィンドウ内へのゲーム機映像の表示と同時に別モニタに出力できる。

【短所】
付属ソフトウェアでは解像度変更への追従がかなり遅くキャプチャ先がPCだとBIOSポスト(ロゴ)画面を捉えられない。ただ、「アマレコTV」だと捉えられるので短所とは言えないかも。

公式サイトから引用】
※USB2.0には対応しておりません。
※Etron製、FrescoLogic製、VIA製USB3.0ホストコントローラーは動作対象外です。
※Intel製、Renesas(NEC)製USB3.0ホストコントローラーでの使用を推奨します。
※パソコンにUSB3.0ボードを増設している場合、PCI Express Rev2(GEN2)対応であることをご確認ください。Rev1.1(Gen1.1)対応の場合はデータ転送速度が遅い為、高解像度での映像表示ができかねます。
※USB3.0ポートのデータ転送速度が300Mbps以上でない場合、1080p60fpsの映像が正常に表示されない場合があります。
【引用終】

USB2.0接続だとデバイスが正常に認識されなかったり、認識されても全く動作しない。
USB3.0接続でも「Intel製、Renesas(NEC)製USB3.0ホストコントローラ」以外だと動作しなくもないですが、動作が不安定。
ゲーム機の解像度を下げればマシ。
PCI Express増設USB3.0ボードでも「Intel製、Renesas(NEC)製USB3.0ホストコントローラ」だとOK。
ただし、PCI Express Rev2.0(Gen2)以上である必要がある。Rev3.0(Gen3)ならなお良い。
後、「x4」の方が良い。
Rev2.0(Gen2)「x1」(500MB/s×1)でUSB3.0ポートが2個以上ある物はUSB3,0ポート1個あたり上記の300MB/sの帯域を確保できないので多分×。(実際は300Mbpsと書いてありますが、書き間違いだと思います。)
Rev2.0(Gen2)「x4」(500MB/s×4)でUSB3.0ポートが4個以下ならUSB3,0ポート1個あたり上記の300MB/sの帯域が確保できるので大丈夫。(実際は300Mbpsと書いてありますが、書き間違いだと思います。)
PCI Express Rev1.1(Gen1):1レーン(x1)あたり250MB/s
PCI Express Rev2.0(Gen2):1レーン(x1)あたり500MB/s
PCI Express Rev3.0(Gen3):1レーン(x1)あたり約1000MB/s
USB2.0:60MB/s
USB3.0:500MB/s
これをPCI Express Rev2.0(Gen2)スロットに接続して使用しています。
玄人志向「USB3.0RX4-P4-PCIE」
http://www.kuroutoshikou.com/product/interface/usb/usb3_0rx4-p4-pcie/
Renesas社製μPD720202チップ搭載。

「HDCP」による暗号化が使用されている「PS3」・「PS Vita TV」のようなゲーム機の場合でも(「PS4」は設定で「HDCP」を無効にできる。)、「アマレコTV」というソフトウェアを起動した後にSKNET「MONSTER X3.0R」付属ソフトウェアを起動すると、なぜかSKNET「MONSTER X3.0R」付属ソフトウェア側にはエラーメッセージが出てゲーム機映像が表示されませんが、なぜか「アマレコTV」側にゲーム機映像が表示される。
その後、SKNET「MONSTER X3.0R」付属ソフトウェアを終了せずに放置しておくと(ウィンドウを最小化してもOK。)、「アマレコTV」側にゲーム機映像が表示され続ける。(SKNET「MONSTER X3.0R」<付属ソフトウェアを終了すると「アマレコTV」側のゲーム機映像表示が固まる。再びSKNET「MONSTER X3.0R」付属ソフトウェアを起動すると「アマレコTV」側のゲーム機映像表示が再開される。)
後、両ソフトウェア起動の順序が逆だと×。
アマレコTV」では普通に録画できる。
逆の言い方をすると、SKNET「MONSTER X3.0R」付属ソフトウェアにゲーム機映像を表示させたい場合は、「アマレコTV」を先に起動した状態だと×。(「アマレコTV」のキャプチャ先がSKNET「MONSTER X3.0R」でなくてもなぜか×。)
なぜそうなるかは僕には分かりませんが・・・。
初期ドライバ(1.3.13196.0)を使用すると、「HDCP」による暗号化が使用されている「PS3」・「PS Vita TV」のようなゲーム機の場合でも(「PS4」は設定で「HDCP」を無効にできる。)、「アマレコTV」で普通に表示・録画できるようになります。(SKNET「MONSTER X3.0R」付属ソフトウェアでは表示はできますが録画はできないまま。)
ただし、初期ドライバ(1.3.13196.0)はブルースクリーンが多発する場合があるみたいです。
現に、うちのWindows7PC環境でもブルースクリーンが多発したので使用を断念。
でも、元々の僕のSKNET「MONSTER X3.0R」の使用目的が、録画ではなくWindowsPCのウィンドウ内へのゲーム機映像の表示なので、最新ドライバを使用して付属ソフトウェアのウィンドウ内にゲーム機映像を表示させて使用しています。
【初期ドライバ(1.3.13196.0)入手先】
https://archive.org/

「WayBackMachine」の右横の欄に「http://www.sknet-web.co.jp/download/application.html#mvxu3r」と入力して「Enter」キー
または
「Search」と書いてある欄に「http://www.sknet-web.co.jp/download/application.html#mvxu3r」と入力して「虫眼鏡マーク」をクリック

「2013」をクリック

8月または9月の日付のうち水色の丸が付いている物をクリック

[ドライバ]new
Ver1.3.13196.0
zipMVXU3R_Driver.zip

「MVXU3R_Driver.zip」をクリック

●HDMIビデオキャプチャ機器②:AVerMedia「CV710」
(「http://www.avermedia.co.jp/product_swap/avt-cv710.html」)

【長所】
●HDCPによる暗号化が使用されている「PS3」や「PS Vita TV」のようなゲーム機でも付属ソフトウェア「RECentral」なら表示可能。録画は無理。(これができたら別のデスクトップキャプチャソフトを使用すれば録画できる)
●遅延の少ないソフトウェアエンコード

【短所】
●パススルー機能が無い
●HDCPによる暗号化が使用されている「PS3」や「PS Vita TV」のようなゲーム機では「アマレコTV」が使用できない。(「PS4」は設定で「HDCP」を無効にできる。)アマレコTVはで遅延の少ないキャプチャ機器用キャプチャソフト。
付属ソフトウェア「RECentral」では解像度変更への追従が少し遅くキャプチャ先がPCだとBIOSポスト(ロゴ)画面を捉えられない。ただ、「アマレコTV」だと捉えられるので短所とは言えないかも。
公式サイトから引用①】
※Intel製、ルネサス エレクトロニクス製、Fresco Logic製各USB3.0ホストコント
ローラに対応しております。
※USBホストコントローラの確認方法などの情報を本製品の商品ページのFAQでも
公開しています。
http://www.avermedia.co.jp/product_swap/avt-cv710_qa.html
※USB2.0には対応しておりません。
【引用終】


公式サイトから引用②】
PCI Express Rev1.1(Gen1.1)のUSB3.0増設ボードに対応しますか。
いいえ、対応しておりません。PCI Express Rev2(GEN2)同等以上のをご利用ください。

【引用終】
USB2.0接続だと付属ソフトウェア「RECentral」起動時にエラーメッセージ。
アマレコTV」の場合は試していませんが多分まったく動作しない。
USB3.0接続でも「Intel製、ルネサス エレクトロニクス製、Fresco Logic製各USB3.0ホストコントローラ」以外だと動作しなくもないですが、動作が不安定。
ゲーム機の解像度を下げればマシ。
PCI Express増設USB3.0ボードでも「Intel製、ルネサス エレクトロニクス製、Fresco Logic製各USB3.0ホストコントローラ」だとOK。
ただし、PCI Express Rev2.0(Gen2)以上である必要がある。Rev3.0(Gen3)ならなお良い。
後、「x4」の方が良い。
Rev2.0(Gen2)「x1」(500MB/s×1)でUSB3.0ポートが2個以上ある物はUSB3,0ポート1個あたりUSB3.0の規格上の最大速度500MB/sの帯域を確保できないので多分×。(別に最大速度が必要なわけではないと思う。ゲーム機の解像度を下げれば多分OK。そういう意味ではRev1.1(Gen1)でもゲーム機の解像度を下げればOK???)
Rev2.0(Gen2)「x4」(500MB/s×4)でUSB3.0ポートが4個以下ならUSB3,0ポート1個あたりUSB3.0の規格上の最大速度500MB/sの帯域が確保できるので大丈夫。(別に最大速度が必要なわけではないと思う。ゲーム機の解像度を下げれば多分OK。そういう意味ではRev1.1(Gen1)でもゲーム機の解像度を下げればOK???)
この辺は付属ツール「AVerMedia USB3.0 Diagnosis Tool」が判定してくれる。(CV710本体が接続されていないと動作しない。他のAVerMediaキャプチャ機器が接続されていればOK???)
PCI Express Rev1.1(Gen1):1レーン(x1)あたり250MB/s
PCI Express Rev2.0(Gen2):1レーン(x1)あたり500MB/s
PCI Express Rev3.0(Gen3):1レーン(x1)あたり約1000MB/s
USB2.0:60MB/s
USB3.0:500MB/s
これをPCI Express Rev2.0(Gen2)スロットに接続して使用しています。
玄人志向「USB3.0RX4-P4-PCIE」
http://www.kuroutoshikou.com/product/interface/usb/usb3_0rx4-p4-pcie/
Renesas社製μPD720202チップ搭載。


●3入力1出力HDMIセレクタ:GREENHOUSE「GH-HSWB3-BK」
(「http://www.green-house.co.jp/products/av/tv/selector/gh-hswb3/」)

上記のHDMIビデオキャプチャ機器SKNET「MONSTER X3.0R」1台に「PS3」と「PS Vita TV」と「PS4」を同時に接続するために使用。
リモコン付きなので、下記のPC用学習リモコンBUFFALO「PC-OP-RS1」でPCから操作できる。
HDMI機器が新たにONになってもそのチャンネルに自動で切り替わらない、HDMI機器がOFFになってもHDMI信号が存在するチャンネルに自動で切り替わらない、手動切替タイプ。(一見面倒そうですが、逆にこの方が都合が良い事も多い。)

GREENHOUSEにはHDMIセレクタで似たような機種がいくつかあってややこしい。

※2016/07/04現在
【①2009/08上旬発売:GH-HSW301】【取扱説明書PDF】自動切替タイプ。USB補助電源ナシ。対応最高解像度1080p。

【②2015/04上旬発売:GH-HSWB3-BK】【取扱説明書PDF】手動切替タイプ。USB補助電源選択可(動作安定)。対応最高解像度2160pにアップ。

【③2015/05下旬発売:GH-HSWA3】【取扱説明書PDF】手動切替タイプ。USB補助電源ナシ。対応最高解像度1080pにダウン。

【④2016/04中旬発売:GH-HSWC3】【取扱説明書PDF】手動切替タイプ。USB補助電源選択可(動作安定)。対応最高解像度1080pにダウンしたまま。最新型なのに②の対応最高解像度低下版???

スプリッタ】「GH-HSPA2-BK」・「GH-HSPB2-BK」・「GH-HSPC4-BK」。価格.comでは「AVセレクター」にカテコライズされているが、セレクタではなくスプリッタ(分配器)で根本的に違うので注意。
価格.comの「AVセレクター」カテゴリの新製品ニュースに新しい製品が載りました。
こちらの方が高性能っぽいです。
SANWA SUPPLY「400-SW019」
http://direct.sanwa.co.jp/ItemPage/400-SW019

●3入力1出力HDMIセレクタ:玄人志向「KRSW-HDM310R」
(「http://www.kuroutoshikou.com/product/multimedia/peripherals/krsw-hdm310r/」)

以前使用していましたが故障。耐久性に難あり???
上記のHDMIビデオキャプチャ機器SKNET「MONSTER X3.0R」1台に「PS3」と「PS Vita TV」と「PS4」を同時に接続するために使用。
リモコン付きなので、下記のPC用学習リモコンBUFFALO「PC-OP-RS1」でPCから操作できる。
HDMI機器が新たにONになるとそのチャンネルに自動で切り替わったり、HDMI機器がOFFになるとHDMI信号が存在するチャンネルに自動で切り替わったりする(優先順位①>②>③)、自動切替タイプ。(この機能が逆効果になる事も多い。)

●PC用学習リモコン:BUFFALO「PC-OP-RS1」
http://buffalo.jp/products/catalog/item/p/pc-op-rs1/

公式ドライバはWindows7 64ビット版に対応していない。
使用するには
http://teto.moe-nifty.com/serika/2011/02/pc-op-rs1window.html
【編集済ファイル】https://drive.google.com/file/d/0BxRv7nkZBup3clNPUlJDVHE3cTg/view?usp=sharing
BUFFALO「PC-OP-RS1」はもう販売されていないようです。
ビット・トレード・ワン「USB赤外線リモコンアドバンス」(「ADIR01P」)(「http://bit-trade-one.co.jp/product/module/adir01p/」)が代わりになるかも???


●サブモニタ:CENTURY「LCD-8000VH」
http://www.century.co.jp/end/lcd-8000vh.html
これより先にUSBタイプのCENTURY「LCD-8000U2W」を購入したのですが、グラフィックボードに接続されているメインモニタとの併用がうまくいかず返品。
(なぜかNVIDIAコントロールパネルから各種項目が消えた。)
で、グラフィックボードにはDVI端子がまだあったので、DVI-HDMI変換ケーブルを使用してこれを接続。
電源がUSBで電源スイッチがスライド式なのもGOOD。
PCをシャットダウンするとUSB給電が止まってこれの電源も勝手にOFFになり、PCを起動するとUSB給電が開始されてこれの電源が勝手にHDMI入力待機状態でONになるようにしたかったので。(電源スライドスイッチは「HDMI」に固定。)
結束バンドを通すための穴が本体には無かったので、専用壁掛けキットも購入しました。

CENTURY「LCD-8000VH」自体は2016/07/04現在辛うじてまだ販売されていますが、もう生産していないようです。
後継機が発売されています。

CENTURY「LCD-8000VH2B」
http://www.century.co.jp/products/pc/monitor/lcd-8000vh2b.html


色違い。
CENTURY「LCD-8000VH2W」
http://www.century.co.jp/products/pc/monitor/lcd-8000vh2w.html


●多ボタンマウス:LOGICOOL「G600r」
http://gaming.logicool.co.jp/ja-jp/product/g600-mmo-gaming-mouse

LOGICOOL「G600r」自体は2016/07/04現在辛うじてまだ販売されていますが、もう生産していないようです。
後継機が発売されています。
LOGICOOL「G600t」







関連記事

カウンター
TOTAL
NOW
プロフィール

Author:上虎
進行性難病「筋ジス」と闘病しながら、いや、のんびり付き合いながら、在宅にて日々を過ごしている、熱狂的な、いや、熱心な阪神タイガースファンです。

このブログの管理者(上虎)にメール送信

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
6098位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2057位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。